03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ebi flow

over flowでエビを沢山殖やす方法を研究します。

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

エビとオーバーフローの考察 その2 

副題 オーバーフローは万能の濾過装置ではありません

※僕自身はエビ飼育については初心者同然です。表現や認識において間違いがある事もあるかも知れません。
もし、間違っていると思われる表記等がある場合、コメントからお知らせ頂けましたら、場合によって速やかに修正または削除致します。

先日は初めからエビ飼育にオーバーフローは最も向かない濾過装置ですと、ご紹介しました。
かなり乱暴な発言でしたので、その意図を少しご紹介します。

僕がエビを始めた切欠はかなりアバウトにお話しましたが、もう少し詳しく話します。
僕は元々「オーバーフロー」が大好きで製作販売したり、自身でOFの色々な可能性が無いかと探ったりしていました。
その中でエビ飼育の切欠となる、僕の製作したオーバーフローを購入したお客様と知り合いました。
その方がご購入後にオーバーフローでエビ繁殖に成功したと吉報を下さり、僕自身もエビにオーバーフローが有効かも知れないと、可能性を見出し飼育を始めました。
どちらかというと、エビに限らずブリーディング用オーバーフローの製作研究という位置付けで始めた様な感じです。

OFの濾過能力の素晴らしさも知っていましたし、色々な形に変化させる事が出来るOFの可能性も信じて必ずエビ飼育にとって最高のOFが作れると思いました。
飼育当初は当然知識など殆ど無く、OFの濾過能力頼りで始めたのですが、いわゆるビギナーズラックです。
シャドーの抱卵孵化やビーの繁殖に成功してエビはどんどん増えました。
有頂天になっているのも束の間、あれよという間に崩壊が始まりました。

これと並行して、切欠となったお客様との音信が突然途絶え連絡が取れなくなりました。
音信不通の原因は今でも解りませんが、その方も同じように崩壊に遭遇したのかも知れません。

僕自身はOF水槽は売るほど有りましたし、いくらでも改造して使用できますのでOFを使う理由はいくらでも有ります。
ただ、高額のOFを購入してまでエビ飼育にOFを使用しようとした原因は一体なんだったのでしょうか。
その方は、それまで何度やってもエビ飼育が上手く行かず、OFに辿り着いたとおっしゃっていました。
当時の僕は、OFの濾過能力を只単に信じていましたので、特に止める理由も有りませんでした。

今にして思えば、あの時あのお客様にもう少し助言が出来たら、もっと良い結果になったのではと今でも後悔しています。

その助言とは「OFを使わない事をお勧めする」「OFによるエビ飼育の方法をご紹介する」色々考えられます。
ただ、何れにせよ僕自身がOFでエビを飼うという事を知らないで、OFを売ってしまったという事に後悔が残ります。
ただ、自身を弁護するならOF購入後にエビを飼育する事を知った事や、実際にOFを、「何を飼う為」に使用されるかは通常知る由も無い事から致し方ない事だとは思っています。

良く物を買うにあたって、初めから良い物を買った方が後々後悔しないと言います。
もし金額を指す意味でなら、こと、エビ飼育に限ってはそれだけでは無いと考えています。
プロのディスカスブリーダーが最終的にスポンジフィルターが一番管理がし易いという事もあるように、エビ飼育にも当て嵌まると思います。
OFが本当に力を発揮するのはやはり海水魚飼育であって、淡水魚飼育においては濾過で力を発揮するというよりも利便性で力を発揮するのかなと思っています。
この利便性については、様々な利便性が有りますので、いずれご紹介するかも知れません。
OFを調べればすぐ解ると思います。

海水魚飼育で使用するなら初心者の方でも最初からOFを使用した方が飼育が上手く行くと思います。
しかし、エビ飼育につてはそれよりもまずエビ飼育にとって何が大切か良く経験する必要があると思います。
濾過が上手く行かないからOFなら上手く行くのではと思わずに、何故濾過が上手く行かないのか、そもそも濾過とは何かを勉強する必要があると思います。
僕なりの濾過に対する持論は有るもののここでは明言は控えさせて頂きますが、比較するなら海水と淡水では濾過に対する認識で大きな違いがあります。
必ずしも、高い濾過装置が性能が高いという訳ではなく、濾過材が沢山あるから濾過が出来るという訳では無いという事等、理由を知ってから、自分なりの考えを持って濾過装置を選択すると良い結果が得られるのではないかと思います。
※因みにOFが高額なのは量産が出来ないからです。
あの三重管のアクリルアウターパイプ1つとっても、単価4000円程度します。
濾過層についても職人が一つ一つ手作りするような物です。


7052.jpg
使用中のオーバーフローの濾過層です。
最大で80Lの容量ですが実際にはその4分の3程度の水量だと思います。
塩ビ板の切断から全て手作業で製作しています。
フタは自分用なので端材で作っていますので汚いです^^;
※一応お断りしておくと、僕はプロではありません。本業は別にありますので^^;


僕自身はオーバーフローでエビを繁殖させる事を前提に活動していますが、これは濾過能力が高いから使用している訳では有りません。
どちらかというと、オーバーフローを使ってブリーディング用OFが作れないかとか、もっとOFを使い易く出来ないかとか色々な方向からOFを調べる為に今夢中になっているエビを飼育しているという感じです。
その中でエビを飼育する為のOFが作れたら面白いなとか色々可能性を見出していますが、今はまだ飼育技術すら初心者レベルですので遥か先の話だと思います。
今使っているエビ用OFは一応エビ用OFと言っていますが、プロトタイプという感じです。

とてつもなく長々となりましたが、今日の話を纏めると「エビ飼育において濾過の質を求めてOFを買うべきではない」という感じでしょうか。
濾過も含めてエビ飼育ってホント奥が深いと思います。


7051.jpg
今日の抱卵したママさんです。
派手柄っていうんでしょうか、この子が雌とは思いませんでした。
結構小さい子です。

※既にネット上でOFを利用してエビ繁殖に成功されている方を数名存じております。
当然エビ繁殖に成功されるからには、相応の知識をお持ちであると認識しております。
あくまで今回の記事はエビ飼育初心者の方を対象に書いたとご理解下さい。


しょうもないブログですが宜しければお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/07/06 Wed. 00:05 [edit]

thread: レッドビーシュリンプ

janre ペット

OF考察  /  TB: 0  /  CM: 4

エビとオーバーフローの考察 その1 

ブログテーマがエビをオーバーフローで繁殖となってるのに、開始以来オーバーフローの話は殆どしないで来てしまいました。
僕自身がオーバーフローは別として、エビ飼育が未熟な為に偉そうな事を言いたくなかったからではありますが、この辺で少しOFについてお話したいと思います。

濾過装置については皆さん色々なお考えがあってお使いの事だと思います。
僕もOFを使う理由があるのですが、多分少し皆さんとは違う理由だと思います。
それはエビを飼育する切欠が皆さんと少し違うからだと思います。

話すと長くなるので大幅カットしますが、僕のオーバーフローを購入したお客様からエビをオーバーフローで飼いたいと相談を受け、だったら自分も飼ってみるかと飼い始めたのが切欠です。
そんな訳で当然、濾過装置はそのままOFになる訳です。

大幅に話をカットしたので伝わっていないかもしれませんが、「オーバーフローの為にエビを飼育したのが切欠」といえば解りやすいかも知れません。
気が付けばミイラ取りがミイラになったの典型で、今やオーバーフロー製作そっちのけでエビ飼育にどっぷり浸かってしまいましたが、今でもオーバーフローに対する情熱は忘れた訳では有りません。

さて、僕のどうでもいい経緯はこの辺に致しまして、エビとOFについて考察してみます。

まず、エビを飼育繁殖する濾過装置としてオーバーフローは最も適さない濾過装置だと思います。
これは、僕が相談させて頂いたブリーダーさんからもご意見を頂きましたし、僕自身使えば使う程、外部や底面、スポンジにすれば良かったとつくづく思うからです。
理由は色々有りますが、第一にコストやシステムが大掛かりな割にエビ飼育における水質管理の面で他の濾過装置より優れている点が少ないからです。
特にエビ飼育を始めたばかりの方や、アクアリウムについて知識の少ない方が高い装置だから良いのではないかと安易に使用されると失敗をすると思います。
それだけ、コストに見合うだけの見返りが無いのがオーバーフローシステムだと思います。
のっけから、オーバーフローでエビ繁殖なんて謳っていながら、オーバーフローを全否定してしまいました。
でも、僕はそれでいいと思っています。
エビをこれから飼おうとか、まだ初心者で飼育に自信の無い方が、高くて濾過能力が有りそうとか、そんな理由で手を出して失敗するべきでは無いと思っているからです。
多分エビ飼育はもっと別の大事な事があるのでは無いかと思っています。

さて、そんなエビ飼育に全く向かないオーバーフローですが、使い方次第では他の濾過装置よりも優れている事もありそうです。
ただ、これは優れている部分があるだけであって、全てが優れている訳では有りません。
ケースバイケースで悪くは無いという程度です。

それらの事を踏まえて今後少しずつご紹介して行ければと思います。

703.jpg
エビブログなのに海水魚の画像ですが、我が家の海水魚小型OF水槽です。
玄関脇に一応インテリアで置いてありますが、この水槽は2年以上前に設置して無換水です。
生体が強い事も有りますが、クーラーも設置せず未だに中にいる魚は2年以上元気にしています。
OFは海水魚には欠かせないシステムなんですよね。

クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2011/07/03 Sun. 20:58 [edit]

thread: レッドビーシュリンプ

janre ペット

OF考察  /  TB: 0  /  CM: 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。